ここから本文です

【WBC】侍が初回に4番筒香の適時打で先制 3番青木が二塁打でチャンスメーク

3/7(火) 19:38配信

Full-Count

初回の守備では菊池が美技、ピンチ招くも無失点で切り抜ける

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回にピンチを迎えるも、菊池涼介内野手(広島)の美技などで切り抜ける、その裏に3番・青木宣親外野手(アストロズ)、4番・筒香嘉智外野手(DeNA)の連打で先制に成功した。

WBC2017 各国代表メンバー一覧

 初回、石川は内野安打と三塁・松田のエラーで無死一、二塁のピンチを招く。しかし、ここでセペダの一二塁間への強いゴロを菊池がスライディングしながらキャッチ。併殺に仕留め2アウトとした。続くデスパイネは四球もサードベラは三ゴロ。無失点で切り抜けた。

 すると、その裏に日本打線が先制に成功する。2死から青木が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁。ここで筒香が相手右腕エンテンザのスライダーを右前に運ぶ。青木が生還すると、小久保監督も満面の笑みで迎えた。

 さらに、続く中田は粘って四球を選ぶ。坂本はセンターへの大飛球を放ったが、サントスが背走しながら最後は体を投げ出すようにしてキャッチ。相手の美技で追加点はならなかったものの、チーム唯一のメジャーリーガーと不動の4番がいきなり存在感を見せ、日本が先手を取った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/7(火) 20:00
Full-Count