ここから本文です

実写『ジョジョ』本編映像解禁!山崎賢人の鬼気迫る表情に「この町、何かがおかしい」

3/7(火) 5:00配信

クランクイン!

 俳優の山崎賢人が主演を務める、生誕30年を迎えた人気コミックの実写化映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』から、SNS上を騒がせた仗助をはじめとする“ジョジョイヤー”キャラ解禁に続き、ベールに包まれていた本作の映像と、山崎演じる東方仗助のティザーポスタービジュアルが解禁となった。

【関連】『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』フォトギャラリー


 本作の原作は、シリーズ累計発行部数1億部を超える、漫画家・荒木飛呂彦の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』。舞台は、美しい海沿いの町、杜王町(もりおうちょう)。平和に見えるこの町で、変死事件など次々と奇妙な出来事が起き始めた…。

 監督はカンヌをはじめ海外の映画祭で高く評価される三池崇史。主役のジョジョこと東方仗助を演じる山崎をはじめ、共演には神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介など主演クラスの超豪華キャストが集結している。

 今回解禁となった本編映像の冒頭では、ロケ地であるスペイン・シッチェスの街並みから、杜王町の世界観が映し出されている。そして平和な空気が漂う広域に映し出された風景から一変、ついに東方仗助が登場。学生服に身を包んだ仗助の目前では人が飛び、路地裏で繰り広げられる光景など、このストーリーならではの世界観が映し出され、山崎の鬼気迫る表情が不穏な物語の始まりを予感させる。

 さらに、塗装の剥げた立入禁止看板、謎の矢、物々しい鉄扉の奥に広がる屋敷、「一家惨殺犯人の手掛かりゼロ」という見出しのスクラップ記事など、ラストに表示される「この町、何かがおかしい」という言葉通り、サスペンスフルな映像となっている。

 また、あわせて解禁となったティザーポスターでは、タイトルのキーワードである“ダイヤモンド”をイメージした背景をバックに、リーゼントで力強い眼光を向ける仗助のクールなビジュアルが表現されている。

 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、2017年8月4日より全国公開。