ここから本文です

開発者がレンジローバー ヴェラールに込めた“シンプルさ”の追求

3/7(火) 8:00配信

carview!

“タイムレス・ビューティ”。ランドローバー ヴェラールの開発者がこだわったというポイントだ。

【動画付きで見る】

イヴォークをヒットさせ、革新的なプロダクトを追求するランドローバーが、“第四のレンジローバー”として送り出す「ヴェラール」。その生みの親たちは、レンジローバーブランドの名にふさわしい品質と他にない個性を実現するために、“シンプリシティ(simplicity)”という言葉をテーマを掲げ、その具現化を図った。

チーフ デザインオフィサーのジェリー・マクガバン氏によると、「ヴェラールを単に小さなレンジローバースポーツにしたくはなかったんです。ヴェラールにはヴェラールならではの個性が絶対に必要と考えました」と話す。ブランド内の位置付けこそ「イヴォーク」と「スポーツ」の間に位置するヴェラールだが、開発者はそのキャラクターまでもを「スポーツの縮小版」にはしたくなかったようだ。

確かにヴェラールの写真や動画を見ると、そのプレーンなフォルムの中に、強い個性が宿っていることが伝わってくる。エクステリアデザイン担当デザインディレクターのマッシモ・フラチェラによれば、「シンプルさと美しさを両立するのは困難な作業ですが、それ無くしては時代に左右されない“タイムレス・ビューティ”は実現しないのです」と話す。

映像では、そうした開発陣のシンプルさの追求が15分のドキュメンタリー形式で紹介されている。最近はコンピューター上だけでデザインされるクルマも増えているようだが、ヴェラールの開発者はCADから高精度なクレーモデルを作り上げ、しかもそれを単なる確認用の立体模型として利用するのではなく、そこからの“磨き上げ”にも時間を割いた。

さらに徹底したモデリングを経てデザインが決定した後にも、今度はエンジニアリングチームの挑戦が続いた。デザインチームの仕事を忠実に市販モデルに反映するために、どのような方法でそれを形にし品質を確保するかを実践するのが彼らの仕事だ。

例えば、ヴェラールはアウトドアハンドルがドアに内蔵され、使用時のみドアからせり出してくるユニークな可変機構が用いられている。それにより“シンプル”なデザインを実現しているわけだが、発売までにその新しい機構を実用化し、かつレンジローバーブランドにふさわしい耐久性や信頼性を確保しなければならない。エンジニアリングチームによる徹底的な実験が行われた。マイナス20度という極寒の環境下や砂が舞うようなシビアな環境下でもしっかり機能することが確認されている。

美しさに徹底的にこだわったレンジローバー ヴェラール。それも単なるデザイン重視のクルマではなく、レンジローバーの名にふさわしい信頼性やタフネスといった部分にも注力している。映像からはそんな開発チームのこだわりが伝わってくる。

株式会社カービュー

最終更新:3/7(火) 9:42
carview!