ここから本文です

五輪=イシンバエワさん、ロシア反ドーピング機関の監査役に

ロイター 3/8(水) 10:59配信

[7日 ロイター] - 陸上競技の棒高跳びで2度金メダルを獲得するなど活躍したエレーナ・イシンバエワさん(34)が7日、ロシア五輪委員会から反ドーピング機関(RUSADA)の監査役に任命された。

イシンバエワさんは昨年のリオデジャネイロ五輪で、ロシアが組織的なドーピング違反を行ったとして同国の陸上競技選手が参加禁止処分を受けたあと、現役を引退していた。その後、12月にRUSADAのメンバーに選出されていた。

世界反ドーピング機関(WADA)が、RUSADAがWADAの基準に従っていないとしてロシアの組織的なドーピングを告発した後、世界陸連(IAAF)はロシア選手の出場停止を決定していた。それ以降、1000人以上のアスリートのドーピング違反が発覚していた。

イシンバエワさん自身からは、競技力向上のための薬物が検出されたことはない。

最終更新:3/8(水) 10:59

ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ