ここから本文です

南砺市議会 政活費の使途基準を明文化/富山

3/8(水) 21:54配信

チューリップテレビ

 南砺市議会は政務活動費の新たな使途基準などが明文化した手引きを作成しました。
 新年度から施行されます。

 南砺市議会の議会改革特別委員会では去年から政務活動費の使途基準を示した『運用の手引き』の内容について協議を続けていました。
 8日の委員会では視察について、代表者のみだけではなく全員が報告書を提出するよう新たに義務付けました。
 これまでに政務活動費の支出については年度の途中に3回議長と議会が選んだ監査委員が中間審査することが決められています。
 また、ホームページによる収支報告書の公開や領収証についても公開請求無しで閲覧できるようにしました。
 政務活動費の後払い制や第3者によるチェック機関の設置については見送られました。
 運用の手引きは8日で完成し新年度から施行されます。

チューリップテレビ