ここから本文です

プロが教える眼鏡の選び方、ポイントは○○のバランス!?

3/8(水) 20:01配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組、3月8日(水)の放送では眼鏡スタイリストの藤裕美さんが出演。眼鏡選びについて教えてもらいました。

最近は眼鏡もファッションの一部。たくさんの人が愛用していますが、眼鏡スタイリストはいわば眼鏡選びのスペシャリスト。これまで藤さんは持田香織さんやいとうせいこうさん、ビビる大木さんなど多くの有名人のスタイリングを手掛けてきています。

そんな藤さんの眼鏡歴は25年以上。コレクションは100本以上あり、洋服や靴と同じ感覚で毎日変えているそうですが、この日はフレームの上下の色が違うツートンカラーの眼鏡で登場。「これまではクラシックが主流でしたが、今後はカラフルがくると思います」と早速そのトレンドをレクチャー。

人はみんな顔が違うだけに眼鏡選びも人それぞれ。自分にはどんな眼鏡が似合うのか難しいところですが、藤さん曰くポイントは“目と眼鏡のバランス”。フレームやかけ方によっても変わりますが、基本は黒目がレンズの中央にくるようにすること。しかも、みなさんが思っているよりも奥にかけてみるのが大事だとか。目とレンズの距離が離れすぎると顔との一体感も薄まってしまうそうです。

さらには、どんな眼鏡が欲しいのか、どういう自分になりたいのかをちゃんとイメージすること。シチュエーションも重要で、「とりあえずかけてみてが多いんですけど、着ている洋服にも影響を受けますし、目的にあわせて選ぶ。結構見落とされがちなんですけど大事です」と藤さんは話します。

また、眼鏡選びで失敗してしまう人の多くは眼鏡を知らないだけと藤さん。眼鏡が似合う人をたくさん見て、眼鏡アンテナを立てると自分の好き嫌いも見えてくるそうです。ちなみに藤さんがセンスを感じる有名人は小堺一機さん。「いつもちょっとだけマイナーチェンジしていて、うまく選んでいるんですよね。しかも、どれもすごく小堺さんらしさも出ていて」と絶賛していました。

その他にも藤さんはポジティブに眼鏡をかけてみるべきと主張。眼鏡をかけると別人になる、それが楽しめるかどうかで眼鏡ライフは全然違うと言い、「ファッションアイテムのひとつとして、自己アピールのためのひとつのアイテムとしていろいろ楽しんでみてください」とメッセージを送っていました。

ちなみに、最近は安い眼鏡もたくさんありますが、藤さんのオススメは3万円以上のもの。トレンドを意識し過ぎず、ある程度品質にこだわった方が最終的には長く使え、さらには値段で選ぶのではなく、付けることで気持ちが変わるもの、それも判断基準のひとつだと教えてくれました。

眼鏡が大好きなたかみなも、藤さんの話には目から鱗状態。最後には藤さんが持ってきてくれた眼鏡コレクションの一部を試させてもらい一段と興味を持ったよう。この日学んだことを実践しながら、新しい眼鏡のことを考えるたかみなでした。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年3月8日放送より)

最終更新:3/8(水) 20:01
TOKYO FM+