ここから本文です

大原櫻子、音楽番組で初の単独MC! 初回ゲストのスカパラとの軽妙トークに終始笑いっぱなし

3/8(水) 21:10配信

トレンドニュース(GYAO)

歌手や女優として活躍する大原櫻子が、映像配信サービス「GYAO!」で3月8日(水)21時配信スタートする音楽トーク番組「さくch(さくちゃん)」(毎週水曜日21時更新)で、初めて単独MCを務める。番組では毎回タイムリーなアーティストをゲストに招き、大原の明るいトークでゲストの魅力に迫る。なお同番組は3DVRでも配信され、近くで一緒にトークを楽しんでいるかのような臨場感あふれるバーチャルな世界観も楽しめる。

大原櫻子の音楽トーク番組「さくch」(毎週水曜21時配信)>>

記念すべき第1回目のゲストは、3月8日に20thアルバム『Paradise Has NO BORDER』をリリースする、東京スカパラダイスオーケストラ。谷中敦、加藤隆志、茂木欣一、NARGO、GAMO、北原雅彦、川上つよし、沖祐市、大森はじめのメンバー9人全員が登場し、大原との“即興コラボ“も行われるなど、番組第1回目から大いに盛り上がった。

■スカパラが語るフェスの“燃えポイント“は?

ほぼ初対面だという大原とスカパラのメンバーは、共に仕事経験のあるプロデューサー・亀田誠治氏の話題で冒頭から和やかな雰囲気。大原は好きなお酒の話なども挟みつつ、アーティストの大先輩であるスカパラから音楽の楽しみ方を伝授された。

大原: 「今日はまず、“スカ“という音楽ジャンルの魅力を教えてください」

加藤: 「レゲエ音楽が生まれた元をたどっていくと、そのルーツにはスカがあって。最近はいろんなフェスで、出演バンドがお客さんと一緒に盛り上がるスカの要素をどんどん取り入れているよね」

大原: 「フェスの良さは、どんなところですか?」

谷中: 「スポーツ観戦と似ているよね。家のテレビでスポーツ観戦していても楽しいけど、みんなで野球場とかサッカー場とか現場に出向いて一緒に応援すると、より楽しかったりする」

大原: 「でも、自分のことを知らないお客さんもいる時は緊張しませんか?」

川上: 「そこがフェスの燃えるところだよ!!」

谷中: 「スカパラはお客さんと一緒に盛り上がるために、みんなで肩を組んだりしてるよ。『全員両手をあげろー! そのまま左右におろして肩を組め!』と声をかけてます(笑)」

大原: 「みんなで自然に盛り上がれていいですね! スカを演奏したり歌ったりするには、どんな練習が必要ですか?」

加藤: 「裏打ちのリズムに乗れれば大丈夫だよ」

――加藤がギターで裏打ちのリズムを刻み、突然ピコ太郎の「PPAP」を全員で合唱(一同爆笑)――

大原: 「すごく幸せな時間が流れましたね! いつか私とコラボしてほしいです(笑)!」

谷中: 「ぜひ機会があれば!『PPAP』以外でね(笑)」

さらに、楽曲製作の裏話も惜しみなく明かしてくれたスカパラメンバー。作詞が上手くなるために実践している方法に、大原も感激していた。

1/2ページ