ここから本文です

ランジェリー界の“パリコレ”で見つけた、2017秋冬下着トレンド3

3/8(水) 22:30配信

ELLE ONLINE

2017秋冬コレクションサーキットに先駆け、1月下旬に開催されるのが、「パリ国際ランジェリー展(SALON INTERNATIONAL DE LA LINGERIE)」。世界44カ国から450ものブランドが揃う同展は、ランジェリーのトレンドが示される、まさに「下着のパリコレ」。そう、お洋服と同様、ランジェリーのトレンドも季節と共に変化するもの。そこで、会場をくまなく歩いて見つけた3つの早耳トレンド&最新アイテムを、ランジェリージャーナリストの川原好恵さんがたっぷりご紹介!

【写真】2017年は“オシリ”の時代!セレブたちのベルフィーショットを一挙総覧

【トレンド1】3拍子揃った“ブラレット”がメインストリームに

今回の「パリ国際ランジェリー展」で一躍注目アイテムとなった“ブラレット”。ワイヤーが入っていないトライアングル型のカップ、というのが“ブラレット”の大まかな定義。これまでも水着のようなカジュアルテイストのものは見られたが、2017秋冬シーズンはぐっとファッショナブルに進化。フォルムはシンプルなトライアングル形が基本だけれど、大胆な配色やクチュール的な素材使いで、各ブランドとも個性たっぷりに展開。つけ心地は軽くて楽、サイズもS、M、L展開がほとんどなので、服を選ぶみたいに手軽に楽しめるというのも人気の秘密のよう。ラクチンかつおしゃれな“ブラレット”が、ブラジャーのメインストリームになりそう。

【トレンド2】“ハイネック&ハイバックブラ”がキーワードに

スリップやキャミソールをコーディネートに取り入れたランジェリールックは定着した感があるけれど、一歩先行くアイテムを投入するとなれば、間違いなくハイネックブラ! ブラカップ上からネックラインまでのデコルテ部分を覆うように装飾を施したハイネックブラは、ジャケットなどの下に着て、ちょっとマニッシュに着こなすのがオススメ。さらに、バックスタイルもネックラインまで装飾を加えたハイバックブラも拡大中。こちらは、背中が空いたバックシャンコーデの必需品として活躍しそう。下着の枠を超え、ファッションアイテムとして“見せる”ことを前提にデザインされたハイネックブラとハイバックブラ。いち早く取り入れて、最新ランジェリールックを完成させて。

1/2ページ

最終更新:3/8(水) 22:30
ELLE ONLINE