ここから本文です

【F1】バルセロナテスト2日目午前レポート:ボッタスこのオフ最速を更新。アロンソは10番手

3/8(水) 21:43配信

motorsport.com 日本版

 第2回バルセロナ合同テストの2日目。この日を入れて、シーズン開幕前に走行できるのは、あと3日。いよいよ開幕の足音が聞こえてきた感がある。

【ギャラリー】第2回バルセロナ合同テスト2日目

 その2日目の午前の走行セッションが終了し、メルセデスのバルテリ・ボッタスがスーパーソフトタイヤを履き、1分19秒310のトップタイムを記録した。このペースは、このオフシーズンに記録された中でもっとも速いタイムだ。

 前日にトップタイムを記録したウイリアムズのフェリペ・マッサは、この日も好調ぶりをアピール。ただ、彼はウルトラソフトタイヤを履いたが、ボッタスからは0.110秒遅れてしまった。

 この2チームは、午後にはそれぞれチームメイトがマシンに乗り込むことになっている。メルセデスはルイス・ハミルトン、ウイリアムズはランス・ストロールの登場である。

 フェラーリのキミ・ライコネンはソフトタイヤを履き、1分20秒406で3番手タイムを記録した。しかしフェラーリはフルードシステムのチェックするためにガレージで2時間のストップ。ボッタスが69周、マッサが63周走った中、ライコネンは38周しか走ることができなかった。

 ライコネンの後方には、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがつけ、ルノーとフォースインディアも僅差で5~6番手に並んだ。

 マクラーレンMCL32にはフェルナンド・アロンソが乗り込み、ピットインとピットアウトを繰り返した。この日もマクラーレンは全開走行が出来ておらず、周回数も27周止まり。タイムも現時点では10台中最下位になっている。

■第2回バルセロナ合同テスト2日目午前:
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)1:19.310/69Laps
2. フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1:19.420/63Laps
3. キミ・ライコネン(フェラーリ)1:20.406/38Laps
4. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1:20.432/34Laps
5. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)1:21.213/60Laps
6. セルジオ・ペレス(フォースインディア)1:21.297/49Laps
7. カルロス・サインツJr.(トロロッソ)1:21.872/44Laps
8. ロマン・グロージャン(ハース)1:22.428/53Laps
9. パスカル・ウェーレイン(ザウバー)1:23.000/58Laps
10. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1:23.041/27Laps

Jamie Klein