ここから本文です

その決定力はFW級! また得点決めたS・ラモスがレアル通算得点であの“悪魔の左足“に迫る

3/8(水) 16:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

センターバックとは思えない得点力

今季のレアル・マドリードでは、困った時にDFセルヒオ・ラモスに頼るといったパターンが出来上がっている。ラモスは7日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのナポリ戦でもお得意のヘディングで2得点を決めてみせた。残念ながらそのうちの1点は相手選手が手前で触ったとの判定でオウンゴールとなってしまったが、ラモスの2得点と言っていいだろう。

“ブラジルの真珠”・ネイマールのドリブルは異常!?

スペイン『as』も「ラモスがレアルを救った」と伝えており、今回の試合内容は盤石なものではなかった。結果的にはラモスのヘディング2発がナポリの戦意を消すことになり、あの2発がなければどうなっていたかは分からない。

これでラモスは今季の通算得点が9となり、これを上回るレアルの選手は25得点のクリスティアーノ・ロナウド、15得点のカリム・ベンゼマ、13得点のアルバロ・モラタの3人だけだ。DF、しかもセンターバックの選手がチームで4番目に多い得点を記録しているのは驚きだ。

また、ラモスはレアルでの通算得点を67まで伸ばしている。これは悪魔の左足と恐れられた元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏(68点)に迫るもので、今季中に塗り替える可能性もある。そうなった場合はDFとしてホセ・マルティネス・サンチェス氏(172点)、フェルナンド・イエロ氏(127点)に次いでクラブで3番目に多い得点を決めた選手となる。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合