ここから本文です

ユースケ・サンタマリア、12年ぶり刑事役に!相棒は初刑事役の相武紗季

3/8(水) 17:00配信

クランクイン!

 俳優のユースケ・サンタマリアが、ドラマスペシャル『警部補・碓氷弘一 ~殺しのエチュード~』(テレビ朝日)で12年ぶりに刑事役を務め、初めて刑事役に挑む相武紗季と共演することがが明らかになった。ユースケは作品の魅力について「人との交わりによる化学反応で事件を解決する、という描き方がすごく面白いと思いました」と語っている。

【関連】『警部補・碓氷弘一 ~殺しのエチュード~』場面写真


 警察小説の第一人者・今野敏による「碓氷弘一シリーズ」を初映像化した本作。劇中では、日本一不運な刑事・碓氷弘一(ユースケ)と、キレ者だがKYな女性心理捜査官・藤森紗英(相武)のコンビが、互いの個性を引き出し合いながら、連続通り魔事件の真相に迫る姿が描かれる。監督は『コールドケース~真実の扉~』(WOWOW)などで知られる波多野貴文が務めた。

 「刑事役での主演は12年ぶりだったんですが、久々の刑事役だという思いは全然なかった」と明かすユースケは、自身の役柄について「相武紗季ちゃん演じる紗英のプロファイリングに助けられて犯人を追いつめる。要は周囲の人間に助けられる才能がある男なんです」と説明。作品の魅力については「人との交わりによる化学反応で事件を解決する、という描き方がすごく面白いと思いました」と語っている。

 「紗英という女性はプロファイラーとしての才能はある一方で、自信のない女性だと思いました」と語る相武は、「能力を発揮するプロファイラーの紗英とプライベートの天然な紗英、そのギャップが出来るだけ大きくなるように演じました」と撮影を述懐。初の刑事ドラマには苦労したそうだが、「ユースケさんはとても優しく、現場でコミュニケーションをとって下さいましたので、撮影はとても楽しかったです」とユースケとの共演を振り返っている。

 ドラマスペシャル『警部補・碓氷弘一 ~殺しのエチュード~』は2017年4月9日21時より放送。

最終更新:3/8(水) 17:00
クランクイン!