ここから本文です

グアテマラの子ども保護施設で火災、19人死亡 性的虐待に抗議中

3/9(木) 8:40配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【3月9日 AFP】中米グアテマラの首都グアテマラ市(Guatemala City)近郊にある子どもの保護施設で火災が起き、8日までに10代の少女少なくとも19人の死亡が確認された。公営のこの施設は定員をはるかに超える人数の子どもを収容。出火当時、施設内では入居者が職員の性的虐待を訴えて騒ぎを起こしていたという。

 死亡したのは14歳から17歳の少女。政府当局者は「現時点で少女19人の死亡が確認されている」と記者団に語った。

 施設はグアテマラ市から東へ10キロのサンホセピヌーラ(San Jose Pinula)村にあり、2006年に建てられた。定員400人のほぼ倍の人が収容され、過密状態になっていた。

 火災は施設内での騒動の最中に発生したとみられている。現地メディアによると、入居者たちは7日から8日の夜にかけて、職員による性的虐待、劣悪な食事や環境に抗議して暴れ回っていたという。

 消防当局によると、死者のほかに25人が負傷し、1度から3度のやけどを負った。負傷者は全員、グアテマラ市内の病院に搬送された。

 国の監督下にあるこの施設は、ドメスティックバイオレンス(DV)の被害に遭ったり、路上生活をしていたりした18歳未満の未成年者を収容している。

 しかし、虐待が行われているとの訴えが後を絶たず、内部での劣悪な環境に耐えかねて過去1年だけで数十人の子どもが逃げ出したという。(c)AFPBB News

最終更新:3/9(木) 13:13
AFPBB News