ここから本文です

養子縁組元業者を逮捕 全国初、営利目的容疑で 千葉県警

3/9(木) 11:16配信

千葉日報オンライン

 特別養子縁組を希望する夫婦に営利目的で乳児をあっせんしたとして、千葉県警少年課と四街道署などは8日、児童福祉法違反の疑いで、養子縁組あっせん業者「赤ちゃんの未来を救う会」(四街道市物井、解散)の元代表理事で無職、伊勢田裕(32)=札幌市手稲区、元理事でネット関連会社役員、上谷清志(35)=那覇市=両容疑者を逮捕した。県は昨年9月、全国で初めて同会に対して社会福祉法に基づく事業停止命令を出しており、あっせん業者の逮捕は全国初とみられる。

 逮捕容疑は共謀し、営利目的で養子の養育を希望する50代の夫婦(東京都内)から、実費名目で225万円の徴収を約束した上で、20代の実親(神奈川県内)が出産した乳児を夫婦に養子縁組することを企て、昨年4月30日、女性と夫婦の意思を電子メールなどを使って伝えて児童の養育をあっせんした疑い。

 同課によると、両容疑者は夫婦から実費を含む225万円を受け取っていた。女性に支払われた金銭はなかった。犯行を発案した上谷容疑者は「営利目的で特別養子縁組のあっせんを行い、自分の収入も増やすことができると思いやった」と容疑を認めている。上谷容疑者に誘われて犯行に加わったとされる伊勢田容疑者は「あっせんに必要な実費としてお金を徴収した」と容疑を否認している。

 県児童家庭課によると、同会は理事3人と看護師3人、社会福祉士1人の計7人で運営されていたとされる。県警によると、看護師らに人件費などは支払われておらず名義貸しだった疑いがあり、両容疑者以外の共謀性は低いとみられる。

 昨年の県の聴取に伊勢田代表理事は「自分たちは社会の役に立つ事をしている」と話していた。

 夫婦は同会側に慰謝料などの支払いを求めて提訴し、千葉地裁で係争中。