ここから本文です

【映像】「自由の女神」照明消える 国際女性デーに合わせた抗議かと話題に

3/9(木) 19:02配信

アフロ

 米ニューヨークにある「自由の女神」の照明が7日夜、数時間消えるハプニングがあった。

 自由の女神の照明が消えたのは午後10時ごろから約2時間。冠とたいまつ部分以外の照明が消えた。
 像を管理する国立公園局(NPS)によると、像の修繕作業による一時的な停電で、事前に計画されていたわけではない。

 照明が消えた翌日8日は「国際女性デー」。
 米国などでは女性が仕事をボイコットし、女性の社会貢献を訴えるデモ「女性がいない日」に参加した。
 自由の”女神”の照明が消えたのは、抗議の一環ではないかと思った人もいたようで、SNS上では「タイミングが完璧だ」などのコメントが多く寄せられた。

(アメリカ、ニューヨーク 7日 映像:PA(Press Association)/アフロ)

最終更新:3/9(木) 19:02
アフロ