ここから本文です

広島緒方監督、「下からの強い推薦」中田に合格点「またチャンス与えていく」

3/9(木) 8:10配信

Full-Count

敗戦も先を見据える指揮官「丸は内容も良かったし、今年も打線の中心」

 広島は8日、マツダスタジアムで行われた埼玉西武とのオープン戦に1-6で敗れた。寒風吹く中で、投打ともに精彩を欠く結果となったが、緒方監督は「これからいろいろとバランスを見ながら選手を起用していきたい」と先を見据えた。

各球団ここまで発表の2016年~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

 先発の野村は4回2失点。指揮官は「初回は逆球もあったし、思ったところに投げられていなかった。それでもその後はしっかりと修正していい形で投げられていた」と評価した。初回に先頭打者の打球を足に受けたが、「痛がるそぶりを見せなかったので、そのまま投げさせた」と心配する様子はなかった。

 WBC組以外はほぼベストメンバーだった打線については、「(新井は)見たまま。丸は内容も良かったし、今年も打線の中心としてやってもらいたい」と状態に満足そうだった。

 新外国人のペーニャも安打を放ったが、「ゲーム勘は最初から問題なかったようだった。今は日本のピッチャーに慣れていく段階」と、今後に期待した。

 リリーフの一岡が右内転筋痛で離脱したが、最終回に登板した中田が無失点に抑えた。緒方監督は「下からの強い推薦があった。いいボールを投げていたし、またチャンスを与えていく」と合格点を付けた。

 外国人枠争いやリリーフ陣の整備など、この先もまだまだ競争が続きそうだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:3/9(木) 8:10
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 21:20