ここから本文です

永野芽郁×白濱亜嵐 映画「ひるなかの流星」撮影裏話

3/9(木) 20:01配信

TOKYO FM+

GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐さんが、3月6日と7日の二日間にわたり、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 永野芽郁のGIRLS LOCKS!」にゲスト出演。3月24日公開の映画『ひるなかの流星』で共演している二人が、映画の撮影を振り返りながら対談しました。

――永野芽郁はかつ丼! 白濱亜嵐は食事制限!

永野「映画『ひるなかの流星』は、恋愛未経験で田舎育ちの女子高生・与謝野すずめが、東京に出てきてから担任の獅子尾先生とクラスメイトの馬村と出会って恋をしていく3人の恋の物語です。それぞれが成長していく物語でもあって、友情もあり、恋もありという盛りだくさんな作品になっています。私が与謝野すずめを演じていて、そのすずめに恋をする馬村を演じているのが白濱さんですよね? 演じてみてどうでしたか?」

白濱「単独でがっつり映画に出るのが初めてで。何て言うんですかね? 日々、現場が楽しかったですよ。僕、毎日現場で生き生きしてましたよね?」

永野「でも、毎日体型の管理が大変そうでした」

白濱「あー。食事制限とかですよね? そうなんですよ。昼ごはんも、芽郁ちゃんがかつ丼食べてる横で野菜ばっかり食べて。日焼けサロンも行くのもやめて」

永野「行ってたんだ?」

白濱「ちょっとだけね。本当にたまに行ってたんですよ」

永野「そうなんですね(笑)」

白濱「馬村に寄せるために、必死に筋肉を落としてましたね。もう脂肪は無いんで、ひたすら筋肉を落とすしかないなということで」

永野「本当にすごかったです。横で感心しながらカツ丼食べてました」

白濱「たしかに(笑)」


――23歳で制服はコスプレ!? 高校生を演じるのは必死だった!

永野「高校生を演じられましたが、どうでしたか?」

白濱「馬村たちは高校2年生なんで、芽郁ちゃんは等身大だったじゃないですか。僕は23歳なんで6コ下なんですよ。寄せるのが必死でしたね。制服も芽郁ちゃんたちは現役だけど、もうコスプレだからね(笑)」

永野「全然いけてましたよ」

白濱「本当ですか? でも佐藤隆太さんにも“まだいけるね”って言われて、すごい嬉しかったんですよ」

永野「じゃあ、何歳くらいまでなら高校生役やりたいですか?」

白濱「本当は今回が最後かなと思ったんですけど、もってあと2年ですかね」

永野「ファンのみなさんは、絶対もっと着てほしいと思ってますよ!」

白濱「制服を? そうですね。もうちょっといけるかな……?」

1/2ページ

最終更新:3/9(木) 20:01
TOKYO FM+