ここから本文です

杉咲花、木村拓哉主演『無限の住人』で一人二役に挑戦

3/9(木) 18:15配信

クランクイン!

 主演・木村拓哉×監督・三池崇史のタッグによるアクションエンターテインメント『無限の住人』に出演する杉咲花が、ヒロイン・浅野凜役だけでなく、木村拓哉演じる万次の妹役・町として、一人二役に挑戦していたことが明らかとなった。併せて万次の妹・町を演じている場面カットと、凜の本編映像が解禁となった。

【関連】「杉咲花」フォトギャラリー


 凜は、江戸最強と謳われる浅野道場の一人娘。しかし謎の剣客集団・逸刀流が道場破りに現れ、両親を殺されてしまう。仇討ちを決意した凜は、不死身の体を持つ男・万次(木村)に用心棒を依頼し、逸刀流への復讐を誓う。

 万次は、かつて“人斬り”と呼ばれていた存在。賞金稼ぎに愛する妹・町を殺され、後に“100人斬り”と呼ばれる復讐をはたすが、致命傷を負い瀕死の状態に。しかしそこに謎の老婆・八百比丘尼が現れ、不死身の体にされてしまう。50年後、死んだ町と瓜二つな顔をした凜と出会った万次は、用心棒となり凜を守るため、逸刀流への復讐に挑む…

 今回解禁された写真は、凜とそっくりな万次の妹・町の場面写真。町は万次が凜の用心棒を引き受けた大きな動機となる、映画の中で重要なキャラクターであり、凜とは違ったクールな表情を見せながらも、風車を上に向け、息を吹きかける無邪気な様子が映し出されている。

 また、写真と共に公開された映像は、本編冒頭の凜が謎の老婆・八百比丘尼が出会うシーン。凜が天津影久に殺された両親の墓参りをしているとどこからともなく八百比丘尼が現れ、万次という不死身の男を探して用心棒にするように導く、本作の鍵を握る重要な場面となる。

 一人二役を演じた杉咲は、本作への参加が決まった際に「現場での日々は本当に楽しかったと同時に、スタッフの皆さん、キャストの皆さんの技術や演技が素晴らしく、見ているだけで悔しくなってしまう。それぐらい説得力のある場所で撮影することができました」と充実した撮影の日々であったことを振り返る。また、「演じている時に、そこで起きたことを背負い受け止めるように演じました」と役作りへの取り組みを明かしている。

 映画『無限の住人』は4月29日より全国公開。

最終更新:3/9(木) 18:15
クランクイン!