ここから本文です

アウディから最上級SUV登場か Q8コンセプト披露

3/9(木) 14:55配信

carview!

ジュネーブモーターショーでアウディが発表した目玉のひとつが「Q8コンセプト」。将来にSUVシリーズの頂点に立つかもしれないQ8の試作第一弾だ。車名の「8」は最上級の証。しかもすでに「Q7」をラインアップするなかで送り出される新作ということで、どんなモデルか注目してみたい。

【写真をもっと見る(12枚)】

まずは技術面から。パワートレインは3リッターTFSIにモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムで、さらに世界初をうたう電動コンプレッサーを備える。システム全体の最高出力は476hp、最大トルクは700Nmと、過給器付きのV8に負けないレベル。公表値によると0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は275km/hとスーパー並みだ。

さらに注目に値するのは航続距離の長さ。これだけの高性能スペックを持ちながら、なんと1200kmを超えるそうで高速移動もバッチリ。アウディは将来にこのパワートレインを、量産仕様の上級モデルに採用していく予定のようだ。

サスペンションにはアダプティブ エアサスペンションを採用し、“クッションのような乗り心地”から引き締まったスポーティなアシまで選べるとのこと。さらに車高を5段階(車高幅は90mm)に調整でき、道を選ばない万能性を持つ。

エクステリアデザインは厚みのあるボディ下部に対して、ボディ上部を低く仕上げたのが印象的。ドアをフレームレスタイプとしルーフの厚みを少なくしたほか、Cピラーの傾斜を強くした(80年代のアウディクワトロを意識したという)ことで都会的で洗練された雰囲気を作り上げている。またヘッドライトからグリルに周辺のデザイン処理も新鮮で、既存のQシリーズの枠組みにとらわれない作り手の挑戦を感じる。ボディは全長5.02m×全幅2.05m×全高1.70mという堂々たるサイズだ。

先進的なアウディのイメージに合った技術的革新と既存のSUVにない新しい魅力を秘めたQ8コンセプト。コテコテのSUVとは一味違ったスタイリッシュな存在感は新たなファンを獲得しそうだ。

株式会社カービュー

最終更新:3/9(木) 14:55
carview!