ここから本文です

川崎が京都から逃げきり3点差勝利、ギャレット欠場のA東京は大阪に競り勝つ/B1リーグ第23節

3/10(金) 21:55配信

バスケットボールキング

 B1リーグ第23節第1戦が3月10日に各地で行われた。

 ホームに京都ハンナリーズを迎えた川崎ブレイブサンダースは、開始44秒に篠山竜青の得点で先制すると、篠山とニック・ファジーカスを起点に攻めこみ第1クォーターだけで28得点をマーク。続く第2クォーターは序盤に永吉佑也と野本建吾の得点で点差を広げると、連続得点を与えて迎えた開始3分20秒に辻直人が3ポイントを沈める。この10分間を18-13で終え、14点リードで前半を折り返した。

 第3クォーターは内海慎吾の3ポイントシュートやケビン・コッツァーのリバウンドなどに苦しむも、ジュフ磨々道の6得点を含む19点を積みあげて最終クォーターに突入した。最後の10分間は京都の猛攻を受ける。序盤は一進一退の展開が続いたが、開始2分43秒からモー・チャーロ、内海慎吾、マーカス・ダブに連続得点を許す。さらに村上直とチャーロに3ポイントを決められて残り14秒に1点差まで迫られたが、辻の連続スリースローで逃げきり、川崎が83-80で辛勝した。

 ディアンテ・ギャレットをケガで欠くアルバルク東京は大阪エヴェッサと対戦。11点ビハインドで迎えた第2クォーターにジェフ・エアーズが2本の3ポイントを含む10得点を挙げ、田中大貴や菊地祥平も得点を重ねる。守っては相手の得点を13点に抑え、35-36の1点差まで詰め寄り後半に突入した。

 続く第3クォーターもエアーズが奮起する。開始早々に2本のフリースローを沈めて勢いに乗ると、この10分間で放ったすべてのシュートを得点につなげ、11得点を記録。エグゼビア・ギブソンを中心に攻めこむ大阪を突き放し、52-51で終えた。最終クォーターは開始3分36秒に逆転されたが、田中らの連続得点ですぐさまリード。試合終了間際には3ポイントを許したが、A東京が71-70で競り勝った。

【試合結果】
川崎ブレイブサンダース 83-80 京都ハンナリーズ

アルバルク東京 71-70 大阪エヴェッサ

BASKETBALL KING