ここから本文です

世界でもっともブランド力のある企業は?

3/10(金) 7:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

今年の「世界でもっともブランド力のある企業」でレゴが首位に立った。企業評価コンサルティングのブランドファイナンスが発表した。

【画像付の記事はコチラから】

500社強が揃うランキングの上位10社のうち6社がIT企業。グーグルはIT企業の中で昨年トップのアップルを追い抜き、もっとも価値ある企業となった。

10. マッキンゼー・アンド・カンパニー

・ブランド力:92.7
・ブランド価値:43億ドル (約4900億円)
・ブランド価値ランク:392
・コメント:マッキンゼーには、様々なバックグラウンドを持った従業員がいる(コンサルタント1万人、研究者2000人、パートナー1400人)。これまでボーイングやボーダフォン、クレディスイスなどのような売上が数十億ドル規模の世界的な企業をクライアントとしてきた。

9. ジョンソン・エンド・ジョンソン

・ブランド力:90.1
・ブランド価値:91億ドル (約1兆400億円)
・ブランド価値ランク:154
・コメント:この消費財メーカーは、2016年末にスイスの医薬品大手 アクテリオンを300億ドル(約3兆4200億円)で買収することに合意した。

8. プライスウォーターハウスクーパース

・ブランド力::90.9
・ブランド価値:185億ドル(約2兆1100億円)
・ブランド価値ランク:66
・コメント: 世界に64のオフィスと2万1000人の従業員を持つ。

7. NBC

・ブランド力:91.3
・ブランド価値:137億ドル (1兆5700億円)
・ブランド価値ランク:93
・コメント:2670万人がNBCで夏季オリンピックを観戦、広告売上で10億ドル(約1100億円)を突破した。このメディア企業は、オリンピックの放送権を2032年まで延長するため、78億ドル(約8900億円)を支払った。

6.ディズニー

・ブランド力:91.3
・ブランド価値:344億ドル (約8900億円)
・ブランド価値ランク:24
・コメント:ディズニーは今年度、好調だったにもかかわらず、首位から転落した。ますます視聴料が高くなるスポーツチャンネルESPNと現CEO ボブ・アイガー氏の後継者の不在という状況がウォール街に悪影響をおよぼしている。それにもかかわらず、上海に世界最大のディズニーランドパークがオープンし、『スターウォーズ』シリーズは期待を上回る業績を残した。

1/3ページ