ここから本文です

再び世界を驚かせたい――ソニーが「ワンソニー」となりクリエイティブの祭典「SXSW」に出展する理由

3/10(金) 8:00配信

AbemaTIMES

 1997年度の過去最高益を頂点に、長年業績不振が続いたソニー。2011年度には4567億円という過去最大の赤字を計上し、文字通り“どん底”からのスタートとなった平井一夫社長は、就任した2012年度から「ソニー改革」を掲げてきた。2015年度、エレクトロニクス事業が5期ぶりに黒字化。それ以降、メディアでは「ソニー復活」の文字が踊る。

 そんな中、3月10日から19日まで米国・テキサス州オースティンで開催されるクリエイティブの祭典「SXSW2017(サウス・バイ・サウスウエスト)」に、ソニーは大々的に出展する。過去、社内のプロジェクト単位で(小さく)出展してきたが、今回は各部署のアイディアを集結させ、“ワンソニー”として会期中の12日~14日の3日間に展示を行うという。

 SXSWは、1987年にスタートした音楽、映画、そしてデジタル・インタラクティブなど分野毎に開催される、世界最大級かつ最先端のクリエイティブの祭典。なお、今回ソニーが出展するインタラクティブ部門は、Twitterが2007年にSXSWウェブアワードの大賞受賞で一気にブレイクしたことで、「新しいものを世界に広める力を持ったイベント」として知られるようになった。

 それにしても、なぜソニーはこのタイミングで、しかも社を挙げて参加することにしたのだろうか。同社ブランド戦略部統括部長の森繁樹氏に話を聞いた。

 「SXSWには毎年、『これからの未来、一体どのようなことが起こるのだろう』という探究心のある一般人、企業、投資家、メディア、そして研究開発者がやってきます。そこに出展することで、今ソニー内部で次々と生まれている新規事業開発を実際に見て、体験していただき、多様なチャレンジを感じ取っていただけるのではと考えました。また従来のプロジェクト単位でなく、“ワンソニー”として次の成長のために仕込んでいるたくさんの姿をまとめてお見せすることで、今は分かりにくくなっているソニーのキャラクターをお示しできるだろうと」(ブランド戦略部統括部長・森繁樹氏)

 ソニーが出展を予定しているプロジェクトは、ほとんどのものが研究開発段階ものだ。一般的なショーでは、すでに販路のイメージまで固まった完成品が披露されるものだが、今回展示するプロジェクトの中には、事業化の検討すら行われていないものもある。森氏は「今の時代、イノベーションは中に閉じ込めていては生まれない」とオープンイノベーションの必要性を説く。

1/2ページ

最終更新:3/10(金) 8:00
AbemaTIMES