ここから本文です

サッカー界の“神ってる”試合ランキングベスト15!バルセロナ対PSGより劇的なのは?

GOAL 3/10(金) 12:29配信

バルセロナはチャンピオンスリーグ決勝トーナメントのファーストレグでパリ・サンジェルマン相手に0-4の敗戦を喫した。過去、ファーストレグを終えた時点で0-4だった試合をひっくり返した事例はなく、逆転での次ラウンド進出は難しいと思われた。しかし、バルセロナはセカンドレグで6-1の勝利を収め、2試合合計スコアを6-5とし、準々決勝進出を決めた。

この歴史的な偉業を受けて『スカイスポーツ』は過去20年で起こった逆転劇に関するユーザー投票を実施した。

1位に選ばれたのは、リヴァプールとミランが戦った2005年のCL決勝戦。リヴァプールは前半を終えた時点で0-3と大きなビハインドを負った。しかし、後半に追いつき、PK戦の末、勝利を収めてビッグイヤーを掲げた。

2位に選出されたのは、上記したバルセロナ対パリ・サンジェルマンの試合。

3位は1999年のCL決勝でマンチェスター・ユナイテッドとバイエルン・ミュンヘンが激突した一戦だ。90分を回った時点でバイエルンが1-0とリードしていたが、ロスタイムにユナイテッドが2点を奪い、逆転勝利を収めた。

4~15位は以下の通り。

■4位 2016年4月 リヴァプール 4-3 ドルトムント(EL準々決勝)

1-3と追い詰められたリヴァプールだったが、そこから3ゴールを決めてみせた。

■5位 2012年5月 マンチェスター・C 3-2 QPR (プレミアリーグ 最終節)

終了間際に2ゴールを決めて逆転勝利。この結果、シティはプレミアリーグのトロフィーを手にした。

■6位 2011年2月 ニューカッスル 4-4 アーセナル(プレミアリーグ)

0-4という絶望的な状況から、ニューカッスルはカムバックを果たした。

■7位 2001年9月 トットナム 3-5 マンチェスター・U(プレミアリーグ)

前半に3失点を喫したユナイテッドだったが、後半に5点を決めて大逆転勝利を収めた。

■8位 2004年2月 デポルティボ 4-0 ACミラン(CL準々決勝)

ファーストレグを1-4で落としたデポルティボだったがセカンドレグで大逆転。サッカー史に残る奇跡の一つに。

■9位 2012年10月 レディング 5-7 アーセナル(EFL)

ハーフタイムの時点でレディングが4-1とリードしていた。しかし後半、打ち合いの末、アーセナルが白星を手にすることに。

■10位 2010年5月 マザーウェル 6-6 ハイバーニアン(スコットランドリーグ)

残り25分の時点で2-6。絶望的な状況からタイスコアになるという劇的な展開に。

■11位 2004年4月 トッテナム 3-4 マンチェスター・C(FAカップ)

前半を終えて3ゴールのビハインド、しかも10人での試合を強いられた。しかし、シティは不屈の闘志で逆転を果たした。

■12位 2010年1月 マリ4-4 アンゴラ(アフリカ選手権)

わずか11分の間に4ゴールが生まれる信じがたい試合に。

■13位 2006年4月 ミドルスブラ 4-1 バーゼル(UEFAカップ準々決勝 ※現EL)

0-3という絶望的な状況から怒涛の4ゴールをマーク。リバーサイドスタジアムに訪れたファンを熱狂させた。

■14位 2006年4月 ミドルスブラ 4-2 ステアウア・ブカレスト(UEFAカップ準々決勝)

こちらも一時0-3という絶体絶命の状況となりながら、劇的な巻き返しで試合をひっくり返してみせた。

■15位 1999年5月 ジリンガム 2-2 マンチェスター・C(2部プレーオフファイナル)

終了間際にジリンガムが2点を奪取。万事休すかと思われたシティは、なんとその後2得点で試合を降り出しに戻した。しかし、PK戦の末、ジリンガムが勝つというシーソーゲームに。

最終更新:3/10(金) 12:38

GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ