ここから本文です

レアルの求心力に陰り? デ・ヘア&ポグバを逃し、“夏の本命”アザールにも移籍の意思ナシ

3/10(金) 12:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今後もスタンフォード・ブリッジで

すべてのスーパースターがレアル・マドリード、もしくはバルセロナへ加入するわけではない。少なくともチェルシーの保有するスター選手が望むのは“ブルーズへの残留”だという。

バルサ監督、“はしゃぎ過ぎて”膝を負傷「ピッチ上で靭帯をやっちゃったよ」(動画アリ)

圧巻のドリブルテクニックに敵の裏を突くラストパス、そして憎いほどに冷静なフィニッシュ。エデン・アザールの目の見張るような成長を考慮すれば、スペイン屈指の名門が血眼で獲得を目指すのも不思議ではないが、この26歳に退団の意思はない。英『Evening Standard』が報じている。

レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督はかねてよりベルギー代表MFへの賞賛を口にしており、今夏の最優先ターゲットとして獲得を狙っていると頻繁に報じられてきた。アルバロ・モラタやハメス・ロドリゲスなど、“交換要員”の噂には事欠かないレアルだが、肝心のアザールに移籍の意思が無ければ、取らぬ狸の皮算用となる。同メディア曰く、ベルギー人アタッカーはチェルシーとの契約を遵守する姿勢であり、来季以降もロンドンでの生活を続ける意向だという。

昨夏にはポール・ポグバの争奪戦に敗れ、2年前にもダビド・デ・ヘアを獲り逃すなど、なかなかビッグディールを成立させることができないレアル。どんな選手であれ獲得を実現させてきたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕にも、いよいよ陰りが見え始めているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp