ここから本文です

【WBC】楽天アマダーが左中間へ特大ソロ弾でメキシコがリード広げる

3/10(金) 12:22配信

Full-Count

キロスは元オリのマエストリから先頭打者弾&勝ち越し二塁打

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド・プールDが9日(日本時間10日)、メキシコ・ハリスコで初戦を迎え、メキシコ代表の楽天アマダーが4回にソロ弾を放ち、リードを広げた。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)順位表

 2-1とメキシコ1点リードで迎えた4回。この日「5番・DH」で先発したアマダーが、交代したばかりのイタリア2番手・ダシルバから左中間へ特大ソロ弾を打った。さらに、次打者ナバロがライトへの安打、巨人クルーズが死球で出塁。エリザルデがセンターへ適時打を放ち、さらに1点を追加。3点差に広げた。

 メキシコは初回に先頭キロスが、元オリックスのマエストリから先頭打者弾を打って先制。直後に同点に追いつかれるも、3回にキロスが勝ち越し二塁打を放ち、1点リードしていた。

 昨季から楽天でプレーするアマダーはメキシコ代表に選ばれ、主軸としての活躍を期待されているが、初戦で見事役割を果たした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/10(金) 12:25
Full-Count