ここから本文です

S・ロベルトが起こした奇跡は、史上最大の逆転劇だけじゃない! バルセロナで「地震」を観測

3/10(金) 17:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

バルセロナ・サポーターが地震起こす

UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16の2ndレグが8日に行われ、バルセロナはパリ・サンジェルマンと対戦した。1stレグを0-4で落としたがホームでの一戦は6-1で勝利。2戦合計スコアを6-5とし、UCLの歴史に残る奇跡のレモンターダ(逆境劇)を演じた。

[写真]数値が明らかに異常! 地震計の証拠

アディショナルタイムの95分に決勝ゴールを決めたのはセルジ・ロベルトだったが、彼のゴールが産んだ奇跡はPSG戦の勝利だけではなかったようだ。2016年3月、イングランドのレスターで逆転ゴールが生まれた瞬間、ゴールを喜ぶサポーターのエネルギーで地震が観測されたというニュースがあったが、それがこの試合でも観測されたという。スペイン『as』が伝えた。

地震学者ジョルディ・ディアス氏のTwitterによると、セルジ・ロベルトが6点目を決めた瞬間の22時45分ころ、バルセロナの本拠地カンプ・ノウからおよそ500メートル離れた場所の地震計で観測したという。この日カンプ・ノウには9万6千人の観客が駆けつけ、奇跡の逆転劇に歓喜した。過去、1stレグを0-4で敗れながら勝ち上がった前例はなく、バルセロナは史上初の快挙を成し遂げたが、その勢いは地球をも動かしていたようだ。

http://www.theworldmagazine.jp