ここから本文です

こんなメッシ見たことない! 奇跡の6点目が決まり、興奮のあまりファンを“ほぼパンチ”「修羅場だ」

3/10(金) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

メッシ、感情が爆発

誰もが我を忘れた“狂乱の瞬間”だった。バルセロナでプレイするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、8日の大逆転劇を締めくくるセルジ・ロベルトによる得点が決まると、これまでに見せたことのないような表情でゴール裏の観客席へ向かい、熱狂的なファンを喜びのあまり数回にわたって“ほぼパンチ”している。

[動画]メッシとファンの距離0m! 神の子が興奮のあまり我を忘れてパンチ連発

奪われた5点を打ち消すべく、6度もネットを揺らさなければならなかった彼らだが、それを実現してみせた。ルイス・スアレスのヘディング弾に始まり、ネイマールの2ゴールなどで追い打ちをかけると、終了寸前にはバルサイズムに満ち溢れたS・ロベルトがフィナーレの一撃を奪取。すると、普段は冷静なメッシがPSGゴール裏の広告板に飛び乗り、とんでもない形相でファンと“超ハードな”コミュニケーションを図っている。スペイン紙『MARCA』を含む様々な媒体はこの様子を収めた動画を公開。そこには興奮のあまりファンを“パンチ”するようなシーンすら見受けられるが、もちろんこれはファンとの過激な喜びの共有である。

『MARCA』はアルゼンチン人によるこのレアな光景について「メッシにとってもエモーショナルな瞬間だった」と綴り、“混乱の修羅場”がカンプノウに訪れたと説明している。

http://www.theworldmagazine.jp