ここから本文です

若手人気落語家、吉弥・春蝶・かい枝の3人落語会、大阪で

3/10(金) 7:00配信

Lmaga.jp

「上方落語をさらに盛り上げる起爆剤になれば」と、1994年同期入門の若手人気落語家3人が『吉弥・春蝶・かい枝 くしかつの会』をスタート。「94年から活動」ゆえに「くしかつ」ともじった命名で、第1回公演が3月29日、「ABCホール」(大阪市福島区)でおこなわれる。

【写真】94年に活動開始ゆえ「くしかつ」。串カツをほおばる吉弥・春蝶・かい枝

この3人は実力、度胸ともいずれ劣らぬ次代の担い手たち。桂吉弥は朝ドラ『ちりとてちん』出演でブレークして以来、全国で独演会を開くなど若手本格派の旗手として活躍。桂春蝶は東西を股にかけながら「落語で伝えたい想い。」と題した創作落語で独自路線を打ち出し、「フェスティバルホール」の独演会も満席に。桂かい枝は受賞歴多数で昨年度『繁昌亭奨励賞』も獲得。ライフワークの英語落語では第一人者として世界中を駆け回っている。3人で落語会をするのは初で、若手最強のタッグと言えるだろう。

春蝶は「平成世代のトップランナーである2人との競演は怖いし刺激になる。覚悟を持って最高にいい落語をやりたい」と語り、かい枝は「ぼくらは四天王のDNAを受け取った最後の世代。看板としてこの三人会が文珍・南光・鶴瓶の三競演みたいになっていければいい」と意欲満々だ。会見欠席の吉弥も「上方四天王の息吹を内弟子の頃に経験した3人。94年に入門した我々しか体験できていないものがあり、我々にしかできない落語があります」とコメントで自信をのぞかせている。

初回は吉弥が「百年目」、春蝶が「芝浜」、かい枝は「三十石夢の通い路」とそれぞれとっておきの大ネタを披露する。東京は落語ブームで各地がにぎわうなか、「大阪は宣伝力に圧倒的な差があるが、落語家としては全然負けていない」と春蝶。上方もこの3人の熱い高座が新たな波を起こす一歩になるかもしれない。

取材・文・写真/やまだりよこ

最終更新:3/10(金) 7:00
Lmaga.jp