ここから本文です

<WBC>オランダ数時間の“バンデン隠し”も侍Jは先発石川を公表

3/11(土) 19:21配信

THE PAGE

WBCの2次ラウンドに向けた公式練習が11日、東京ドームで、イスラエル、オランダ、キューバ、日本の順序で行われた。注目は、明日12日に侍ジャパンの初戦で対戦するオランダチームだ。先発は予告先発だがその発表日時は、11日の夜9時。練習終了時点で行われた会見では、まだその規定より7時間以上もあるため元ヤクルトでプレーしたミューレンス監督は、「あなた方を失望させることになるかもしれないが、発表時刻まで先発は言えない」と、先発が有力視されているソフトバンクのバンデンハークか否かを隠した。
 
 そのバンデンハークも、ベンチ前で囲み取材に応じたが、「私が投げる可能性はあるのかもしれないが、今は、何もいえない」と、煙に巻いた。

 韓国で開催された1次リーグプールAでのオランダの初戦は7日の韓国戦だったが、先発はバンデンハークで4回を投げて3安打無失点。投球数は62球だった。明日12日は、ちょうど中4日。
「日本がこのグループの中で一番強いチーム。世界の中でもかなり強い優勝候補。まだ詳しいスカウトレポートは見ていないが、うちは最高のゲームをしなければ勝てないだろう」というミューレンス監督が日本戦に置いている比重を考えると、バンデンハーク以外の先発は考えにくい。

 しかも、日本には情報は十分にある投手である。隠すことに意味は見出せないが、あまりにも早い段階で判明すると、日本が細やかなデータを準備することをヤクルト時代のミーティングで知っているだけに、できるだけ遅らせる配慮をしたのだろうか。
 逆にオランダのチームは昨日夜遅くに韓国から空路移動してきたため、まだ日本のデータには目を通せていないという。“自分が敵を知る前に先に教えてなるものか”の気持ちもあったのかもしれない。
 
 数時間の“先発隠し”となったバンデンハークは、日本に勝つ自信があるのか?と聞かれると、間髪いれず「オフコース(もちろん)」と答えた。
 
 「勝つ自信はある。相手も私のことを知っているが、私は日本のことをよく知っている」。
 
 一昨年から昨年にかけて、元巨人の堀内恒夫が持っていた初登板から13連勝の記録を50年ぶりに更新して14連勝を成し遂げた。「投げれば勝つ」の攻略の糸口さえみつからないピッチングだった。

 だが、侍ジャパンのスタメン予定の9人中、パ・リーグの面子は中田翔と松田宣浩の2人だけで一人はチームメイト。昨年は、ちょうど交流戦の頃から疲労の蓄積で体調を崩し、投げたのは中日戦1試合だけ。セ・リーグのメンバーと、青木(アストロズ)に関しては、互いに昨年の対戦データはない。

 バンテンハークは1次リーグの韓国戦では、不振の打線を相手にして、三振は、ひとつも取れていなかった。いつも、投球イニング以上の三振を取るバンデンハークにしてみれば、珍しい現象。大きな壁となって立ちふさがることは間違いないが、どこかに死角はあるのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:3/11(土) 21:16
THE PAGE