ここから本文です

「ドンナルンマは素晴らしい」ユヴェントス指揮官が称賛、試合終了間際のPKは妥当と強調

GOAL 3/11(土) 11:57配信

現地時間10日に行われたセリエA第28節、ユヴェントスvsミランは2-1でユヴェントスが勝利。後半アディショナルタイムにPKが与えられ、パウロ・ディバラがPKを決めて97分に勝ち越しに成功している。ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合後の会見で次のように語った。

「この試合では選手たちはよく集中してプレーしてくれた。テクニカルなプレーも多く、そのおかげで多くのチャンスを生み出すことができた。この勝利はリーグ優勝に向けて、大きな勝利となった。ミランと勝ち点を分けてしまった場合は、終盤まで覇権争いがもつれる可能性もあったからね」

「しかし、(ジャンルイジ)ドンナルンマが素晴らしいセーブを何度も見せた。ミランのゴールを割るのは簡単なことではなかった」

また、終盤にPKを決めたディバラを「彼は正確なキックを決めることができる。いつもピッチ上で結果を残してくれる重要な選手だ」と称賛。

後半アディショナルにマッティア・デ・シリオのハンドでユヴェントスにPKが与えられたことについては、「サッカーは常に事件で構成されるが、あのジャッジは妥当なものである」と続け、PKのジャッジを下したダヴィデ・マッサ主審の判断が正しかったと強調している。

GOAL

最終更新:3/11(土) 11:57

GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ