ここから本文です

子の改札通過を親に通知 JR東日本、山手線・中央線からサービス導入へ

3/11(土) 7:31配信

乗りものニュース

首都圏約250駅に展開

 JR東日本は2017年3月7日(火)、子育て支援の一環として「改札通過通知サービス」を首都圏の路線に導入すると発表しました。

 子供が対象駅の自動改札機を通過すると、保護者の携帯端末に、改札を通過した駅と時刻が通知されるというサービスです。

 2017年秋に山手線と中央線・東京~高尾間で開始され、その後、2018年春までに首都圏約250駅に順次拡大される計画です。

 ちなみに同様のものとしては、関西の私鉄でICカード「PiTaPa」を使った「あんしんグーパス」や、東急電鉄で「PASMO」を使った「エキッズ」などのサービスが、現在、提供されています。

乗りものニュース編集部