ここから本文です

デル・ピエロが東日本大震災の日に追悼「この記憶は僕らを団結させるもの」とメッセージ

GOAL 3/11(土) 20:10配信

11日、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロが自身のSNSを更新した。内容は、日本の東日本大震災が起こった3.11の日付に合わせた追悼の内容だった。

デル・ピエロは「日本では6年前の3月11日、とてつもなく大きな地震が起こった。そして、その結果1万9千人以上もの死者、行方不明者を出すという悲劇的な事態になってしまった。これは悲しい運命であり、近年はイタリア中部で起こった天災によって、数多くのイタリアの同胞も命を失った。この記憶は僕らを団結させるものだ。何千もの人々の記憶を忘れるべきではない。皆さんの祈りが天に届きますように」と語っている。

文面の最後には「#Ale10FriendsForJapan #ADP10」と、日本への特別なメッセージであることをハッシュタグで述べた。

また、日本語版の公式ブログでは日本語でその想いが綴られており、「#東日本大震災
#6年目 #みんなの思い #震災復興 #jishin」のハッシュタグを使用。追悼の意を表した画像には「NEVER FORGET 11TH MARCH 2011」の言葉も添えられている。

デル・ピエロは親日家としても有名。ユヴェントス在籍時の10-11シーズンに東日本大震災が起こったことを受け、同4月のカターニア戦では森本貴幸とともに日本への応援メッセージを発するなど、積極的に震災への応援を呼びかけていた。

2012年に日本で行われた「東日本大震災復興支援2012Jリーグスペシャルマッチ」では、ゲストとして参加したことでも知られ、この試合でデル・ピエロは1ゴールを決めている。

その後も3.11の日がやって来るたびに、SNSで追悼のメッセージを送っていたデル・ピエロ。日本で起こった6年前の大震災は、デル・ピエロにとっても痛ましい記憶となっているようだ。

最終更新:3/11(土) 20:10

GOAL