ここから本文です

松坂大輔、フォーム向上も7四死球反省「次回あれば、もっとまともな投球を」

3/11(土) 15:48配信

Full-Count

5回途中2失点、好投見せる場面も…7四死球に浮かない表情「ボール操れなかった」

 ソフトバンクの松坂大輔投手が11日、中日戦(ヤフオクD)でオープン戦2度目の先発マウンドに上がった。15年3月17日のロッテ戦以来、725日ぶりの本拠地マウンド。4回2/3を投げて被安打1、5つの三振を奪う一方で、7つ四死球を与え「よく暴れていたなと思います。全ての球種が引っかかるようにして投げていた。ボールが操れなかった。ボールを動かすのであれば、もっとアバウトに投げれば良かったかな」と語った。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 初回。大島にいきなり中前安打を許し、一塁への牽制悪送球で無死二塁とされる。荒木は二ゴロに取ったが、ゲレーロに四球。ビシエドへの初球、引っ掛けた141キロの真っすぐが暴投となり、いきなり1点を失った。ビシエドは右飛に取ったが、森野にこの回2つ目の四球。石岡を中飛に取り、なんとか1失点で踏みとどまった。

 2、3回は好投を見せる。先頭の遠藤を捕邪飛に取り、杉山は142キロ、インコースへの真っすぐで、京田は124キロのスライダーで2者連続の見逃し三振に切り、3者凡退。さらに3回も大島を左飛、荒木を右飛。ゲレーロを1ボール2ストライクと追い込むと、この日最速タイとなる142キロの真っすぐを外角いっぱいに決めて見逃し三振。2イニング連続で3者凡退とした。

 4回はビシエド、森野にともにフルカウントから連続四球を与えたが、石岡を左飛、遠藤を126キロのスライダーで空振り三振、杉山を左飛に打ち取った。

フォームは「前回より良くなった」、次回は「もっとまともなピッチング見せたい」

 最後のイニングとなった5回。先頭の京田を3球で追い込みながら、この日5個目の四球。続く大島には死球、1死からゲレーロに再び抜けたシュートで死球を与えた。ビシエドを空振り三振に切ったところで、球数が95球となり、降板。2死満塁でバトンを受けた2番手・笠原大芽が押し出しの四球を与えたため、松坂は2失点だった。

「フォームは前回よりも良くなったと思う」といい、打たれた安打はわずか1本。5個の三振も奪った。その一方で四死球の多さ、球数の多さがそれ以上に目立ち「よく言えば“らしい”のかもしれないですけど……。相手の投手がいい感じで投げていたし、打者はいいリズムで入りたいと思うので、申し訳ないですね。野手が動けるようなアウトの取り方が出来れば良かった。少ない球数で打ち取る機会を増やせればよかった」と表情は浮かない。

「ホームで投げることは特別なことだと思う。次回投げることがあれば、もっとまともなピッチングを見せたいと思います」と語った松坂。開幕まで3週間を切った中で、次のチャンスは与えられるのだろうか。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/11(土) 21:14
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 15:35