ここから本文です

証券会社の検査、予告制 証券取引監視委in北陸

3/11(土) 1:57配信

北國新聞社

 証券取引等監視委員会in北陸は10日、金沢市の北陸財務局で開かれ、同委員会の中期活動方針が紹介された。佐々木清隆事務局長は証券会社への立ち入り検査について原則、予告制に変更したとし「かかりつけ医のようなイメージで業務の改善につなげてほしい」と話した。

 佐々木氏は中期活動方針で、市場の公正性・透明性確保や投資者保護に加え、資本市場の健全な発展、国民経済の持続的な成長への貢献を明記したことを説明した。長谷川充弘委員長らのほか、地場証券や金融機関の関係者約70人が出席した。

北國新聞社

最終更新:3/11(土) 1:57
北國新聞社