ここから本文です

蓮舫氏、求心力低下止まらず 民進党大会で衆院転出明言

朝日新聞デジタル 3/12(日) 20:20配信

 民進党が12日、東京都内で開いた初の定期党大会で、蓮舫代表は当初めざした原発の「2030年ゼロ」表明について、反発する連合に配慮して断念し、「原発ゼロ基本法案」を次期衆院選までにつくるとした。大会後には参院議員からの衆院選転出も明言した。しかし、「守りの姿勢」は否めず、求心力低下は歯止めがかかりそうにない。

【写真】民進党大会で議案報告と提案をする野田佳彦幹事長=12日午後2時23分、東京都港区、岩下毅撮影

 冒頭、来賓の神津里季生・連合会長がエネルギー政策について「責任ある対応を引き継ぐことが国民の期待につながる。個々の政策をバラバラに示しても民意を取り戻せない」とクギを刺したのが象徴的だった。

 蓮舫氏は当初、原発ゼロを旗印に党大会を安倍政権への対立軸をアピールする機会と位置づけていたが、「30年ゼロ」表明断念で狙いはあえなくしぼんだ。辛うじて言及したゼロ基本法案作成についても、「原発依存からの脱却は、前倒しで実現可能となるよう」「一日も早く」との表現にとどまった。「脱原発」で足並みをそろえる他の野党各党党首は招待もしなかった。

朝日新聞社

最終更新:3/13(月) 0:31

朝日新聞デジタル

Yahoo!ニュースからのお知らせ