ここから本文です

世界1位のマレーが敗れる波乱 [インディアンウェルズ/男子テニス]

3/12(日) 15:30配信

THE TENNIS DAILY

「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)が予選勝者のバセック・ポスピショル(カナダ)に4-6 6-7(5)で敗れる波乱が起きた。試合時間は1時間50分。

世界1位マレーが今季初タイトルを獲得 [ドバイ・デューティーフリー選手権]

 マレーはポスピショルとの5度目の対戦で初黒星。過去4度はすべてマレーのストレート勝利だった。前回の対戦は2015年7月のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)の準々決勝で、マレーが6-4 7-5 6-4で勝っていた。

 ポスピショルは3回戦で、同じく予選勝者のドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)と対戦する。ラヨビッチは2回戦で、第30シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を6-2 4-6 7-6(2)で下しての勝ち上がり。

 マスターズ1000の大会で過去14度タイトルを獲得しているマレーだが、今大会は12年連続出場で2009年の準優勝が最高成績。昨年は3回戦で、フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)に4-6 6-4 6-7(3)で敗れていた。

 2016年の年間ナンバーワンに輝いたマレー。前週のドバイ(ATP500/ハードコート)では決勝でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を6-3 6-2で破り、今季初優勝を果たしたばかりだった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 11: Andy Murray of Great Britain shows his frustration during his straight sets defeat by Vasek Pospisil of Canada in their second round match during day six of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 11, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:3/12(日) 15:30
THE TENNIS DAILY