ここから本文です

昭恵夫人の関与は? 森友学園疑惑で国会大荒れ

AbemaTIMES 3/12(日) 17:41配信

 ついに小学校設置申請を取り下げ、辞任を表明した森友学園の籠池泰典理事長。国会は国有地の払い下げ問題で大荒れだった。参議院予算委員会では安倍総理が名指しでヤジに応戦するなどヒートアップ。安倍総理が最も熱くなったのが、昭恵夫人の関与疑惑だ。

 山本太郎議員の「この“アッキード事件”。総理のこれまでの国会発言にはズレが見られると思うんですよ」との質問に安倍総理は「アッキード事件という言い方は限度を超えているのではないかと思います。不愉快である」と答弁。

 さらに“安倍昭恵総理夫人”という名前が土地売却に影響したのではないかと指摘されると「この名誉校長に安倍昭恵という名前があれば、印籠みたいに『恐れ入りました』ってなるはずがないんですよ」「これ私の名誉がかかってるんですから。私と妻の名誉を傷つけた」と熱くなる一幕も。

 ANNの世論調査では「国有地の格安払い下げ問題の事実関係を国会ではっきりさせる必要がある」が83%、必要ないが10%という結果が出た。また昭恵夫人の名誉校長就任については、不適切が70%、適切が9%だった。

 民進党の杉尾秀哉参議院議員は、「これだけの広い土地がほぼタダ。タダ同然で売却されたと。一連の経緯が不透明。そのやり取りを示す文書も残っていない。そこから始まった話です」と経緯について説明。

 自民党の片山さつき参議院議員は「大阪府が認可しないと私立の小学校はできないので、この問題が全て、あのけったいなおっちゃんに私学の小学校の認可をお出しになったところから始まっている」と批判。

 杉尾氏は片山氏の指摘に関連して「条件付きなのです。条件がクリアされれば最終的に認可される。その前段だった」とコメント。

 日本維新の会の石井苗子参議院議員は、「毎日、維新の人と一緒にいるが、この問題で維新が後ろで何かをしたなんて耳にしたこともないです。子どものことを考えたら、あんなにひどいやり方はないと維新のメンバーは言っています」とコメントした。

 昭恵夫人の関与について片山氏は「(昭恵夫人は)とっても人の良い方なので、頼まれちゃったのかなという気はする。ただ結論から言うと、そこは止めておけば良かった。こんな人ならば」とコメント。

 昭恵夫人はSNSでもたびたび話題になってきた。ある時は「アベ政治を許さない」と書かれたボードを持った人と一緒に笑顔で記念撮影。ある時は虎柄の顔パック姿を披露するなど、その自由な行動が人気を集めてきた。“家庭内野党”の昭恵夫人は米軍基地反対派のテントにも訪れている。その時のことを「悩みながら、まわりの誰にも言わずに行った。夫にも言わずに。批判は覚悟の上。」と記している。週刊現代2015年6月13日号のインタビューでは、「本心を言うと辺野古の飛行場も海の上には造らないでほしい」「主人と全く意見の違う人とも会う、その意見を伝えることで主人との橋渡し役をしたい」と話している。天衣無縫、無防備な性格と言われることも多い昭恵夫人。今回の問題にもそれが影響しているのだろうか。

1/2ページ

最終更新:3/12(日) 18:45

AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ