ここから本文です

【WBC】侍・千賀、連打でピンチ招くもクリーンアップ斬り 1点のリードを守る

3/12(日) 21:27配信

Full-Count

無死二、三塁のピンチで強力打線の主軸を封じ込む

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦でオランダ(東京ドーム)と対戦。1点のリードを奪った直後の5回に千賀滉大投手(ソフトバンク)が大ピンチを背負うも、クリーンアップを凡退に仕留めて無失点で切り抜けた。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)順位表

 小林のタイムリーで1点を勝ち越した直後の5回、3番手・千賀は先頭シモンズに初球をセンター前に運ばれる。続くプロファーにはライト線への二塁打を運ばれて無死二、三塁のピンチ。しかし、3番ボガーツは155キロの直球で見逃し三振に仕留めた。

 さらに、前の打席で同点2ランを放ったバレンティンは2球で追い込むと、胸元に150キロの直球を投げ込み1ボール2ストライク。続くフォークを振らせて空振り三振に切って取った。最後は5番のグリゴリアスを直球で一ゴロ。強力打線のクリーンアップを打ち取り、大ピンチを切り抜けた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/12(日) 21:36
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 9:00