ここから本文です

城下町春の装い 武家屋敷跡で薦外し

3/12(日) 2:13配信

北國新聞社

 冬の間、土塀を水分や雪から守ってきた薦(こも)の取り外しが11日、金沢市の長町武家屋敷跡で始まった。県造園業協同組合の職人14人に加え、障害者の就労移行支援を行う「サポート24」(同市)の利用者18人が初めて作業に当たり、城下町は春の装いとなった。

 稲わらを編んだ薦は幅3・6メートルで、総延長約1・1キロに約500枚が掛けられた。職人らは薦をつるしていた縄を手際よく外し、片付けた。サポート24の利用者は今後、薦作りや薦掛けにも参加する。薦外しは12日も行われる。

北國新聞社

最終更新:3/12(日) 2:13
北國新聞社