ここから本文です

【投資のヒント】3社以上が目標株価を引き上げた12月決算銘柄は

3/13(月) 17:40配信

ZUU online

1月下旬からスタートした3月決算企業の第3四半期決算発表と並行して行われていたのが12月決算銘柄の本決算発表ですが、決算発表終了から1ヵ月以上が経過したことからアナリストの業績予想や目標株価の見直しもある程度進んだとみられます。

そこで今回は決算後に3社以上が目標株価を引き上げた(足元の株価を上回るもののみ対象)12月決算銘柄をピックアップしてみました。

そのなかで5社以上が目標株価を引き上げたのがアサヒグループホールディングス <2502> やネクソン <3659> 、中外製薬 <4519> 、大塚商会 <4768> 、東京建物 <8804> で、大塚商会では7社が、そして中外製薬では6社が決算後に目標株価を引き上げています。また、すかいらーく <3197> と花王 <4452> 、ライオン <4912> でも4社が目標株価を引き上げています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:3/13(月) 17:40
ZUU online

チャート

アサヒグループホールディングス2502
4604円、前日比-45円 - 8/17(木) 15:00

チャート

ネクソン3659
2706円、前日比+87円 - 8/17(木) 15:00

チャート

中外製薬4519
4380円、前日比-10円 - 8/17(木) 15:00