ここから本文です

加藤貴子 夫の「不妊」を告白 妊活の現実伝える

デイリースポーツ 3/13(月) 17:32配信

 ドラマ「温泉へ行こう」シリーズなどで知られる女優・加藤貴子(46)が自身のブログで、夫が「不妊」だったことを明かした。加藤は13年10月に一般男性と結婚。不妊治療の末、14年11月に第1子長男が誕生した。現在も妊活中。

【写真】男性側の不妊治療は…大物放送作家が告白「恥ずかしいのは、精子を採取するカップ」

 加藤は12日に更新したブログで、「これから妊活を始めようとしている方の旦那さん、またはパートナー、男性の方へのメッセージです」と切り出し、「まず、不妊の原因は女性側だけではない、『男性不妊』というのもあることを知っていただきたいです。現に我が家は男性不妊でした」と“不妊=女性が原因”とのイメージを取り除くように願った。

 加藤の夫は精子が一般男性の10%しかなく、そのうえに、運動率5%と言われた時もあったという。医師からは「顕微授精でしか妊娠できる可能性はないです」と伝えられ、「旦那さんはショックを受けたようです。まさか、妊娠できない理由が自分にもあるんだとは、思ってもいなかったようです」と振り返った。

 加藤夫妻の場合は、不妊治療のクリニックに相談するまで8年間かかったことも告白。「その間に卵子はどんどん老化していました」と明かし、「避けられるものなら、私たちが経験したことを避けて欲しいと思います(中略)お子さんが欲しいとお考えの方は、奥さんやパートナーに丸投げせずに、どうかお二人で取り組んで戴きたいです」と伝えた。

 加藤の夫の場合は運動や食事の改善、酒を控えるなど生活改善した結果、自然妊娠出来るまで精子の状態が好転。その後、顕微授精ではなく体外受精で第1子を授かることができたという。

最終更新:3/14(火) 8:17

デイリースポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ