ここから本文です

大森鉄筋工業、低磁性鉄筋加工に対応

3/13(月) 12:34配信

日刊産業新聞

 大森鉄筋工業(本社=三重県多気郡、大森千秋社長)は6月にも低磁性鉄筋専用の切断機1基を導入する。投下金額は約7000万円。すでに機械メーカーに設備を発注している。設備は低磁性鉄筋を高精度に切断できるタイプで、今後需要の増加が見込まれる低磁性鉄筋向けを視野に入れる。

最終更新:3/13(月) 12:34
日刊産業新聞