ここから本文です

首狩り族のタトゥー、再び流行の兆し インド

3/13(月) 14:58配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【3月13日 AFP】インド北東部ナガランド(Nagaland)州の奥地に住む首狩り族の間では、かつてタトゥーが地位を象徴する重要な役割を果たしていた。新しい世代には見捨てられた伝統だが、この先祖代々続く芸術を残そうと、国内トップの若手タトゥーアーティストたちが活動を始めている。2016年8月、9月撮影。(c)AFPBB News

最終更新:3/22(水) 14:45
AFPBB News