ここから本文です

【WBC】ベネズエラが急転プレーオフ進出! 失点率のイニング解釈で順位“逆転”

3/13(月) 17:29配信

Full-Count

一時はWBC公式ツイッターもメキシコ&イタリアのPO進出速報も…ベネズエラvsイタリアに

 第4回WBCの1次ラウンド(R)D組のプレーオフ進出を巡り、大混乱が生じた。12日(日本時間13日)に行われた同組最終戦では2敗のメキシコが1勝1敗のベネズエラに11-9で勝利。これにより、3連勝のプエルトリコに次いで、メキシコ、イタリア、ベネズエラが1勝2敗で並ぶ形となった。WBC公式ツイッターなどは試合直後、大会規定による当該チームの対戦での失点率により、メキシコとイタリアのプレーオフ進出を伝えたが、その後、急転。ベネズエラとイタリアが進出することが発表された。両国は13日(同14日)にプレーオフを戦う。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)順位表

 まさかの“逆転”でベネズエラのプレーオフ進出が決まった。

 メキシコがこの日のベネズエラ戦に11-9で勝ち、1勝2敗でメキシコ、イタリア、ベネズエラの3チームが並んだ。

 大会規定では、当該チーム間の対戦で1イニングにおける失点率が高いチームを最下位で決める。

 試合終了時点では

○イタリア 20失点/19回 失点率1.053
○メキシコ 19失点/18回 失点率1.056
○ベネズエラ 21失点/19回 失点率1.105

 との計算により、大会公式ツイッターなどはベネズエラの最下位を伝えた。しかし、その後、急転。その裏には9日(同10日)のメキシコ―イタリア戦でのイニングの解釈の違いがあったようだ。

 メキシコはイタリア戦で9-5と4点リードの9回に5失点し、9-10で逆転サヨナラ負け。それも1死も取れずに試合は決した。この「1アウトも取れなかった1イニングをカウントするかどうか」により混乱が生じた模様だ。

 一旦はカウントして計算された失点率で「ベネズエラ最下位」を伝えたが、イタリア戦の9回を除くと、メキシコの総イニング数は1つ減少。結果、失点率は1.118となり、「メキシコ最下位」となったようだ。

○イタリア 20失点/19回 失点率1.053
○メキシコ 19失点/17回 失点率1.118
○ベネズエラ 21失点/19回 失点率1.105

 このように、ベネズエラの失点率がメキシコを逆転し、最下位が入れ替わる形に。この過程で当該国の選手、ファンが紛糾するなど、多くの混乱が生じており、両チーム、世界のファンにとって後味の悪い結末となってしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/13(月) 18:24
Full-Count

スポーツナビ 野球情報