ここから本文です

“コンテVSカンテ“なら後者が圧倒的に上? チェルシー指揮官自ら認める負け「彼の方が優れているね」

3/13(月) 19:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

選手としてはカンテが上か

現在チェルシーを指揮するアントニオ・コンテと、そのチームで重要な存在となっているMFエンゴロ・カンテは少しプレイスタイルが似ているところがある。コンテも現役時代は中盤の守備的な位置を担当することが多く、カンテも同様だ。性格の面では感情を爆発させるコンテ、常に穏やかなカンテと大きな違いがあるものの、どちらもしつこくボールを奪いにいくタイプだ。

”暴力的”と批判されたフェライニがキャラガーに反撃! 「彼は足を壊す世界王者」

コンテはユヴェントスで数多くのタイトルを獲得した名手であり、イタリアを代表する選手と言ってもいい。しかしコンテ自身はすでにカンテに追い抜かれてしまったと感じているようで、あらゆる面でカンテの方が自身より上との認識を示している。英『METRO』が伝えた。

「彼は私より強力だよ。得点部分では私の方が上と思うが、他のところでは彼の方が優れているね。私はああいうタイプの選手が好きなんだ。私も同じタイプの選手だったからね。我々が勝ちたいのなら、彼のようなタイプの選手を抱えていることは重要だよ」

カンテはクロード・マケレレ2世と言われるほどボール奪取が優れており、運動量も尋常ではない。それがチェルシーの首位独走に繋がっているのは間違いなく、コンテも負けたと素直に認めているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報