ここから本文です

リベンジに燃えるキューバ指揮官、侍Jは「野球をやるマシーン」

3/13(月) 18:00配信

ベースボールキング

 キューバ代表が1次ラウンドのリベンジに燃えている。

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド日本戦を翌日に控えた13日、キューバ代表が東京ドームで練習を実施。約1時間半、フリー打撃や守備練習で汗を流した。

 2次ラウンド初戦のイスラエル戦を落としたキューバ。14日の日本戦は、アメリカ行きの切符を手に入れるために絶対に負けられない戦いだ。

 マルティ監督は侍ジャパンを「野球をやるマシーン」と例える。「完全なチーム。今までは繋いで、走ってという『スモールベースボール』だったが、今はパワーのある選手もいる。毎回進化している。勝つためには完璧な試合をしないといけない」と警戒を強めた。

 追い込まれた状況でも前を向く。「まだ2試合ある」と。「勝利する可能性はある。勝利を信じてフィールドに出ないといけない」。

 デスパイネも並々ならぬ闘志を燃やしている。「とても大事な試合。(決勝ラウンドの行われる)ロサンゼルスに行くためには、2試合とも勝たないといけない」ときっぱり。「投手、打者ともに役割を果たし、いつも通りやるだけ」と気を引き締める。

 今大会では既に3本の本塁打を放っているキューバの主砲。「しっかりと準備を整えて、良いヒッティングをすること。力を持っているので、ボールに当てることだけに集中する」と意気込んだ。

 「100%の準備をしなくては」。リベンジに燃えるキューバ戦士たちが日本戦へ向け、ギアを入れ直した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報