ここから本文です

「はいってたんせ」子どもたちが手招き かまくらの中のあったかいもてなし

3/15(水) 10:50配信

THE PAGE

 みちのくの五大雪まつりの一つ、秋田県横手市の「横手かまくら」。その歴史はおよそ450年。毎年、小正月の2月15日、16日に行われている。

フォト・ジャーナル<“静から動” 秋田・横手雪まつりを行く>―倉谷清文第3回

 藩政の頃、「左義長(さぎちょう)」という火を焚く行事が、武家の住んでいる内町を中心に行われており、雪で四壁を作り、その中心に門松、しめ縄、俵などを積み、火を燃やした。一方、横手は横手川が流れているとはいえ、あまり水に恵まれた土地ではなかったため、町人、商人が住む外町では井戸のそばに水神様を奉るほこらを作り、良い水に恵まれるように祈っていたという。これに、当時から子供達の中にあった雪遊びが混ざり、様々な変遷を経て、現在の「かまくら」になったらしい。今ではこの雪室(ゆきむろ)自体も「かまくら」と言うようになってきたが、本来は左義長のこと、水神様を奉る小正月行事のことを「かまくら」と言っていたそうだ。

 ここ二葉町のかまくら通りは、地元住民があたたかくおもてなしをしてくれる。

 「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」の声に中に入ると、子供達が甘酒やお餅を振舞ってくれた。火鉢が置かれたかまくらの中は案外暖かい。もともとかまくらは見るものではなく、中に入って水神様にお賽銭をあげ、家内安全、商売繁盛、五穀豊穣を祈願するものなので、いくつか周ってみるのがよいらしい。かまくらごとに、男の子がもてなしてくれたり、お酒の振舞いがあったりして、少しずつ違った雰囲気を味わえる。

(2017年2月撮影)

最終更新:7/18(火) 16:34
THE PAGE

Yahoo!ニュースからのお知らせ