ここから本文です

浜岡原発廃炉訴訟、第10次提訴の方針 原告側が4月

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 3/14(火) 7:53配信

 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)の3~5号機の永久停止(廃炉)などを求めた住民訴訟の弁論が13日、静岡地裁浜松支部(上田賀代裁判長)で開かれた。原告側は4月7日に第10次提訴を行う方針を示した。第1~9次訴訟の原告は657人で、追加の原告は現時点で49人を予定している。

 原告側、中電側はともに準備書面を提出した。原告は新規制基準の耐震基準は強い地震が繰り返す状況を想定していないなどと主張した。中電側は原発へのテロ対策の不備などを指摘した原告側の主張に対しては「不法侵入防止の設備や監視装置の設置など防護措置を講じている」などと反論した。

静岡新聞社

最終更新:3/14(火) 7:53

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

Yahoo!ニュースからのお知らせ