ここから本文です

ACL 鹿島が勝ち点6でE組首位浮上 鈴木、植田、遠藤がゴール

デイリースポーツ 3/14(火) 21:49配信

 「ACL1次リーグE組、鹿島3-0ブリスベン」(14日、カシマサッカースタジアム)

 鹿島(J1)がホームでブリスベン(オーストラリア)に快勝。3試合を終えて2勝1敗の勝ち点6とし、E組の首位に浮上した。ブリスベンは1分け2敗で勝ち点1の同組4位。

 鹿島は前半43分にFW鈴木が先制ゴールを挙げた。DF伊東の右からの低いクロスをゴール正面で待ち受けると、右足甲でジャストに合わせ、ゴールネットに突き刺した。

 後半は31分に右からのクロスをDF植田が頭で合わせ、そのこぼれ球を自らねじ込んで2点目。3分後の後半34分にはMF遠藤が右斜めから左足で鋭いゴールを決め、勝負を決定づけた。

 2試合連続ゴールの鈴木は、「いいボールが来たので合わせるだけでした。もっと点を取れたと思うので、それを改善したい」などと語った。

 E組のもう1試合、蔚山(韓国)-ムアントン(タイ)戦は0-0で引き分け、ムアントンは1勝2分けで勝ち点5の2位、蔚山は1勝1敗1分けの勝ち点4で3位となった。

最終更新:3/14(火) 22:30

デイリースポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ