ここから本文です

マカオのカジノで偽札使用相次ぐ…中国本土出身の男2人逮捕=カラーコピー版の高額紙幣計8枚

3/14(火) 10:58配信

マカオ新聞

 マカオ司法警察局は3月13日、同月11日、12日にマカオのカジノ施設で偽造1千香港ドル紙幣使用事件が相次ぎ発生し、中国本土出身の男2人を逮捕したと発表した。(1千香港ドル=日本円換算約1万4800円)

 最初の事件は11日にコタイ地区のカジノ施設内のゲーミングテーブルで発生。40代の男が4枚の1千香港ドル紙幣をチップに両替するよう要求した際、ディーラーがこのうち3枚の紙質が粗いことに気付いたという。その後の調査で偽札と判明したため、上長を経由して警察に通報された。

 12日の事件は新口岸地区にあるッカジの施設のキャッシャーで発生。30代の男がチップと両替するため5枚の1千香港ドル紙幣を差し出したが、担当者が偽札であると見抜き、すぐに警察に通報した。

 両事件で使われた8枚の偽造1千香港ドル紙幣はいずれもカラーコピー版で、番号は不揃いだったとのこと。警察では、グループによる犯行も視野に入れ、偽札の入手経路などを詳しく調べているとしている。

 マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくゲーミングチップを使用する。ゲーミングチップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。現金からゲーミングチップへはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれる窓口やゲーミングテーブルで、チップから現金はキャッシャーでそれぞれ簡単に両替することができ、双方向とも手数料はかからない。

*マカオの法定通貨はマカオパタカだが、市場では一般的に香港ドルがほぼ等価(実際には1香港ドル≒1.03パタカ)で流通している。特に、カジノや不動産取引の現場などで香港ドルを使うのが一般的とあり、事実上のマカオにおける主要流通通貨のひとつとして取り扱われている。

最終更新:3/14(火) 10:58
マカオ新聞