ここから本文です

クラブ変わっても繋がりは消えず デパイのスーパーシュートにルーニー「友よ、素晴らしいゴールだ」

3/14(火) 11:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

かつてのチームメイトの活躍喜ぶ

今冬にマンチェスター・ユナイテッドからフランスのリヨンに移籍したオランダ代表FWメンフィス・デパイは、12日に行われたトゥールーズ戦で推定55mのスーパーシュートを決めてみせた。マンUではなかなか出番がもらえずに苦しんでいただけに、こうしたスーパーゴールから本来の輝きを取り戻したいところだ。

OBファーディナンド氏が期待する”8人の新戦力”

そんな復活への一歩を踏み出した若きFWに、マンUでチームメイトだったFWウェイン・ルーニーが称賛のコメントを送っている。英『METRO』によると、ルーニーはデパイに対し「友よ、素晴らしいゴールだ」とメッセージを送っており、デパイも「ありがとう、レジェンド」と反応している。

ルーニーは今でこそ出場機会が少なくなっているが、それでもマンUのレジェンド的存在であることに変わりはない。クラブの伝統の番号でもある7番を背負って苦しんでいたデパイのことを兄貴分として見てきており、思うところがあるのだろう。デパイは今冬にフランスへ渡ったが、それでもルーニーはかつてのチームメイトとしてデパイのゴールを嬉しく思っているようだ。

デパイはこの流れを次に活かしたいところで、フランスで再び評価を取り戻すことに期待がかかる。リヨンを引っ張るだけのクオリティを備えているのは間違いなく、デパイであればもう一度輝きを放てるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/